本好きと言うほど読めていないし、

誰かの参考になるような感想が書けるわけでもないので、

このカテゴリは単なる私の記録にしか過ぎないのですが。

とりあえず記録、記録。

そういえばずいぶん前に読んで忘れてました。

c0299969_962795.jpg


んー(笑)。

有川さんの批評が出来るほど読み込んでないので何とも言えないけど

惜しい!感じ。

もうちょっと出てくるキャラクターに愛着が持てるくらい踏み込んで人物について

書いてもらいたかったような。 全体的にぼんやりと甘い感じで終わっちゃった感じ。

あるカップルの話なんだけど、出会いの設定とか

キュンとくるタイミングとかはとってもいいのに。

もうちょっと男の子のかっこよさを描いてほしかったなぁ…。

前回「図書館戦争」を途中挫折しちゃったので、その先は気になってるんですが。

今んとこ「阪急電車」が一番よかったかも(ってこの3冊…比較対象になるのか、しかも

そのうちの1冊は途中でやめてるし)。


そして最近ようやく読み終わった本。
c0299969_9131052.jpg


これはNHKのドラマを先に見ていて、

ドラマが結構よく出来ていて面白かったので、

原作はもっと面白ろかろう、と思って買ったのでした。 林真理子著。

ドラマは回数が決まっていて、ドラマにするならこっちの設定の方が

面白いんじゃない?と言った感じで原作と少し展開が違ってましたが、

大筋は変わってませんでした(以前同じNHKでやってたつるかめ助産院は散々だった)。


本の方は、これぞ林真理子的話の展開と人物描写。

あまりに突き抜けすぎる徹底した人物設定だったので

後半ちょっとくどい感じもしましたが、最後まで一気に読める楽しさがありました。



今は西加奈子さんの「さくら」を読んでます。

夏休み、たくさん本読みたいなぁ、と思いながらも、

読むペースが遅いので、冊数は毎年増えません。
[PR]
by 8823_sp | 2013-07-29 23:03 | 読んだ本 | Comments(0)

ここ最近のこと

先日、農家さんへご挨拶へ行きました。

正式に辞める、とお伝えするために。


パートさんの先輩が農家さんにちょっと話をしてくれてたようで、

「辞める」と言いづらいな、と思いつつお伺いした納屋には

椅子とテーブルとコーヒーが用意されていて、

「ささっ。 お話ししましょう♪」的なムードが。

私が円満に辞めていける演出と言いますか。

気持ちよく送り出す、といった感じの雰囲気でした。

そんな納屋、トマトをサイズ別に選別する機械の上にたくさんのトマトが乗っかっていて、

上はつばめの巣がたくさんで、ひっきりなしに親鳥がひなに餌を運んでる状態。

あ~。

辞めるとなると惜しい風景だな。

なんてちょっとセンチメンタル気分になりましたけど、

何と言っても体が大事なんで。

楽しく3,40分ほどおしゃべりして、雇い主さんと、一緒にお仕事してたお母さんにもご挨拶して

円満辞職。 



次は…まぁ。

いつでも働きに出られる準備を怠らず、機会を窺う感じで。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


c0299969_9481587.jpg

結構分厚い本です。

ちょっと前に向井理くんと宮崎あおいちゃんが演じて映画化されてましたね。

本の「ムコさん」と向井くんはちょっとイメージ違うけど、

「ツマ」と宮崎あおいちゃんはバッチリ。

現実逃避するにはもってこいのお話でした。

西加奈子さんの本、これが初めてやったんですけど、

もっと読んでみたいです。

実はこの本を読む前に、長男が大学で借りてきてくれた「図書館戦争」読んでたんですが、

(図書館戦争を読む前に、同じ有川浩さんの植物図鑑読んでて、途中で脱線)

これがなかなか進まない。

お話し自体は面白くて読み進めたい気持ちはあるのにペースが上がらない感じで。

一度借りる期間を延長してもらったのに、それでも読了できず一旦返却…。

更に浮気して「きいろいゾウ」を先に読んでしまいました。

「阪急電車」は一気読みできたんだけどな。

さ、植物図鑑の続きを読みマス。

そして次に控えてるのが林真理子さんの「下流の宴」。

これまた先に、NHKでドラマ化されたのを見てるので、

頭の中で演者さんが台詞言う感じになりそうです。


縫い物もぼちぼちやってマス。
[PR]
by 8823_sp | 2013-05-29 23:59 | 読んだ本 | Comments(0)